クロレラの効能を知っておこう|美と健康の両立ライフ

男性

目の疲れを軽減する方法

メガネを持っている男性

生活習慣を見直そう

現代で問題視されている目の症状に、疲れ目と眼精疲労というものがあります。実は、この両者は似ているようでぜんぜん違います。疲れ目というのは、寝れば翌日には治っているものです。しかし、眼精疲労というのは寝ても目の症状が良くならないものを言います。この眼精疲労というのは厄介で、放っておくと治らないばかりか、便秘や吐き気、イライラ、自律神経の乱れなど、さらに悪い症状につながってしまいます。そして、これらの症状は普段の何気ない生活習慣から表れるものなので、それらの習慣を見直すことが重要なのです。まず第一に、デスクワークなどをしている人は、いつもパソコンとにらめっこをしているわけですが、そのときの姿勢を矯正するだけでも大分違ってきます。

自分でできる目のケア

パソコンのディスプレイは、目の下側になければいけません。猫背も眼精疲労の原因になるので、しっかりと姿勢を正すことが重要なのです。パソコンからは50cmぐらい離れて操作することも忘れないでください。それと、パソコンを一時間使用したら10分程度の休憩を入れることも重要です。それでも、仕事の都合上パソコンなどを避けられない場合もあると思います。そんなときは、目を強く閉じてパッと開いたり、視線を左右、上下に動かしてみたりと、眼球体操を取り入れてみるのも良いです。食事面では、ビタミンB群を摂ることが目に良いといいます。玄米や豚肉に含まれるビタミンB1やビタミンB12は視力の低下を防いでくれます。また、納豆や海苔などのビタミンB2は視力向上につながったりします。そして、すでにメガネをしている人の場合、自分にあったメガネをかけることも大事です。

Copyright© 2016 クロレラの効能を知っておこう|美と健康の両立ライフ All Rights Reserved.